価値観が合わない彼氏や彼女とは別れるべき?長く付き合っていく方法はあるの?


カップルにとっては一番問題なのは価値観が違うこと。

価値観が合わないと些細なことで意見が食い違い、喧嘩の原因になり、それが別れの原因にもなります。

今現在価値観の合わない彼氏や彼女がいる人は早めに別れた方が良いのか、長く付き合っていく方法がないのか心理学を用いてご紹介していきます。

スポンサードリンク

価値観が違うと何が問題?

1112162top

もともと人は「類似性の法則」というものがあり、自分に似通った人、同じ考えを持つ人に好感を持つ性質があります。

ちなみにこの逆もあり心理学用語では「相補性の法則」といい、自分にないものを持っている人に興味、好感を抱く性質も持ち合わせています。

さて価値観が違うと何が問題なのかというと冒頭でも言ったように考え方自体が異なるので喧嘩の頻度は増えます。

【例】

  • 彼女は真面目で貯金もコツコツするタイプだけど彼氏は浪費家=お金の価値観が違う
  • 彼女は男友達と平気で遊ぶが彼氏はそれが許せない=異性関係の価値観が違う

価値観というのはその人の中の優先順位のようなもので、何に重点を置いているかによって変わってきます。

例えば「安心」を望んでいる人なら「不安」をより敏感に感じてしまうので貯金をしたり、物事の計画を綿密に立てようとする一方、異性関係で束縛ぎみになってしまう傾向があります。

逆に「楽しさ」に重点を置いている場合は今をとにかく楽しむことが大切なのでとりあえず行動してから考える傾向があります。

先ほど例として【お金の価値観】【異性関係の価値観】について挙げたのはこの2つがカップルによってかなり重要だからです。

この部分が合わないカップルというのは非常に別れやすいです。

許容してこちらが寄り添うか、もしくは相手がこちらに合わせてくれない場合は今後別れる可能性は高いでしょう。

価値観の違う人と長く付き合うためには

すでに自分とは価値観の違う人と付き合ってしまっている場合、まずは相手が何に重点を置いているのかを考えてみましょう。

価値観は歩んできた人生や周りの環境によって築かれるものなので、すぐにその価値観が変わるというとはありませんし、相手の価値観を理解するというのは難しいと思います。

長く付きあう上でやってはいけないのが相手の価値観を否定すること。

こちらが相手の価値観を理解できないように、相手にとってもこちらの価値観は理解できません。

具体的には理解する必要はないですが、まずは相手の意見を一度飲み込むこと。

真っ向から反対しては破局に収束するので一度意見を飲み込む以外の選択肢はありません。

この時、必ず【不満】という感情が生まれます。しかし、一度相手の意見を飲み込むことで相手にも同様にこちらが譲れない時は意見を飲んでもらう。

こうしてお互い譲歩しあっていくことで相手の価値観を反対することなく、付き合い続けることができます。

ただ、こちらが譲歩しているのに相手が全く譲歩してくれなかったり、我慢しすぎて【不満】が溜まりすぎてしまうようならその相手とは今後必ず別れることになりますので今のうちに別れてるべきです。

スポンサードリンク

別れるかどうかは恋人との共通点次第で決めるのも一つの手

価値観というのは細かく言えば一人ひとり違っているので全く同じ価値観の人なんてそうそう巡り合うことはできません。

どこかしら違っている面があり、その逆もしかりで同じ考えの部分も必ずあるはずです。

 もし価値観の違う人と付き合ってしまったら、相手との違いを探すのではなく共通点(同じ考えの部分)がどのぐらいあるのか探してみるようにしましょう。

価値観が違っても同じ考えの部分も多いようなら今後も付き合っていく価値はあります。

逆にほとんど真逆で何に対しても合わないような人だと長く付き合っていくのは相当難しいです。

【長く付き合うために必要なこと】

  • 相手を理解すること
  • 尊敬すること
  • 譲歩し合うこと

長く付き合っていくにはこの3つは必ず必要です。

少しでも参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

恋愛テクニックTOPへ

コメントを残す