恋人に浮気されないか心配な人必見!彼氏や彼女への浮気防止法とは


相手のことが好きすぎて浮気されたらと思うと不安で仕方ない人は世の中には意外と多いと思います。

付き合っているからといって他の人に取られないとは限りませんし、少し相手の気持ちを不安にさせたり冷たく接すれば浮気される可能性は高くなります。

どんなに信用している相手でもその恋人が浮気をする可能性はあるので、付き合っていく上では浮気されない対策が必要になってきます。

ということで今回は浮気がされにくくなる方法についてさくっとご紹介していきます。

スポンサードリンク

浮気に走る原因とは?

付き合ってすぐに浮気する人なんてほとんどいないと思います。この時点はまだ恋人のことを大好きな状態で他の人のことなんて考えられないというのが理由の一つでしょう。

ではなぜ長く付き合っていると浮気に走るのか、浮気をされたくないならその原因について知っておきましょう。

1.冷たくされるから

女性が浮気してしまった時の口癖である「寂しかったから」の正体の一つでもあります。

付き合っている恋人のことが大好きなのに相手は自分に対して「好き」が伝わる行動を取ってくれない。

そうなれば自然とお互いの心は離れていきますし、結果的に寂しさを他の異性で埋めようとして浮気に走ってしまいます。

自分では冷たくしていないつもりでも、彼氏や彼女のことを考えた行動をあなたが取っていないと浮気されるリスクは高くなります。

恋人のことを好き、それがしっかりと伝わるわかりやすい行動をしてあげる必要があります。

2.連絡の頻度が少ない

付き合っているからといって恋人とあまりにも連絡を取り合わないというのも浮気に走らせる要因となります。

先ほどと同様、これも寂しさ故の浮気となります。

長く付き合っていてお互いの距離感がしっかりとつかめていれば少なくても問題ありませんが、もしかしたら相手はもっとあなたと連絡を取っていたいと思っているかもしれません。

3.会う頻度が少ない

多いから良いというわけではありませんが、あまりにも合う頻度が少ないのも当然問題になってきます。

心理学用語で単純接触という言葉がありますが、これは接触回数が多ければ多いほどその人のことを好意的に見る傾向があり、会う頻度が少ない=好意が冷めてしまう可能性があるということです。

遠距離恋愛が長続きしない理由もこの単純接触の心理が原因だったりするので注意しましょう。

頻度はカップルにもよりますが、相手が会いたいと思う頻度になるべく合わせてあげるのが良いでしょう。

スポンサードリンク

束縛がいけない理由とは?

恋人のことが好きすぎて異性と遊びに行ったり、行動を制限しようとする人がいますが、浮気をされたくないのであれば束縛はぜったいにNG。

相手の行動を制限することはその場限りではいいかもしれませんが、長い目で見るとだんだんあなたの束縛に相手が嫌気がさしてきてストレスを抱えてしまいます。

このストレスが原因となり浮気する罪悪感をなくしてしまうわけです。

確かに恋人が異性に取られないか不安になる気持ちはわかりますが、行動を制限するにしてもほどほどにしておきましょう。

浮気をされないコツとは

浮気をされないようにするには相手に飽きさせない工夫が必要です。

上記のような原因を作らないのはもちろんのこと、時には刺激を与えてあげることも大切です。

いつも相手のために行動するのは確かに重要ですが、それが通常状態となるとだんだん刺激のない生活に相手が飽きてしまいます。

例えば、基本的には相手のために尽くしてあげて、たまに突き放す。こういった押し引きは恋愛においてとても大切です。

何をやっても大丈夫な人だと認識されると舐められて浮気されることもありますからね。

先ほど束縛がNGという話をしましたが、時には「心配している」ことを相手に告げて、自分がどれだけ相手のことが好きなのかを表現しておくべきです。

以上のことを覚えておくだけで簡単にあなたのことを裏切れなくなるので心配な人は束縛するのではなく駆け引きをすることを覚えましょう。

浮気したらもう二度とやり直せないという気持ちを与えておくことも大切なので、相手に依存しすぎないように注意してください。

少しでも参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

恋愛テクニックTOPへ

コメントを残す