好きな人や今気になっている女性・男性への正しい声のかけ方


好きな人や今気になっている女性や男性への正しい声のかけ方

「今、気になっている人はいるけど、なんて言って声をかけたら良いのか分からなくて困っている」

こういった方は、思った以上に多いものです。

特に学校や職場など頻繁に顏を合わす場面において、声の掛け方は重要です。

今回ご紹介する正しい声のかけ方は決してナンパのようなものではないということをあらかじめご了承ください。

なんとなく顔見知り・・・程度の関係が築けていることを仮定しています。

ではさっそく見ていきましょう。

スポンサードリンク

あまり仲良くない相手の場合

好きな人や今気になっている女性や男性への正しい声のかけ方

まず声をかけて会話をしなければ異性を落とすどころか相手と仲良くなることすら難しいでしょう。

「声をかけることが恥ずかしい」という気持ちはよくわかりますが、そこで諦めてしまえば永久にあなたの願いが叶うことはありません。

基本的には声をかけるための理由付けがあれば恥ずかしいという気持ちも少しは軽減されると思いますが、その前に誰でも出来ることがあります。

それが「挨拶」です。

廊下ですれ違ったら「おはよう」と声をかけたり、帰る時は「お疲れさま」とか「じゃあね」と一言声をかけるようにしてください。

会話な中で最も自然な声かけ方法は挨拶です。

しかも「単純接触」という心理術に基づいているので挨拶を続けているだけで簡単に仲良くなることが出来ます。

さらにこれが定着してくると挨拶するのが当たり前になってきます。

そうなれば気になる人とちょっと会話をするのも簡単になります。

 

しかし、気になる異性が自分のことをほとんど知らないというケースも中には存在すると思います。

同じ職場や部活の人なら問題ありませんが、他のクラスメートだったり、全く別の学科の人となると挨拶に違和感があります。

 

その場合は「困っているところを助けてもらう」、あるいは「困っているところを助ける」場面を作り出すことで簡単に関係を築くことが出来ます。

こう聞くと少し大げさかもしれませんが、例えばあなたが勉強、あるいは仕事でわからないところがあった時に助けてもらったり、逆の立場なら助けてあげたりします。

 

これもちょっと難しいというのであれば気になる異性の前でわざと転んだり、躓いたりして助けてもらうという手もありです。

要は、どこから何らかの形で一度相手と触れ合うことができさえすれば今後挨拶をすることが自然になり、そこから発展させることも楽になるということです。

スポンサードリンク

声かけの理由付け

好きな人や今気になっている女性や男性への正しい声のかけ方

もし、少し顔見知り程度の中になったり、挨拶が出来る関係になったら今度は会話をすることに挑戦してみましょう。

こちらから声をかけたいものですが、その理由が欲しいという方のためにいくつか声かけ理由の例を挙げてみます。

  • 1.宿題や仕事について質問する
  • 2.相手の得意なことに関してレクチャーしてもらう
  • 3.悩みを相談する

「1」はあまりまだ仲良くなれていない関係の場合でも使うことが出来ます。

プライベートな話は抜きにして取りあえず相手と話す口実として利用します。

 

「2」は少しだけ相手のことが分かっている人におすすめの理由付けとなります。

人は誰しも得意不得意があります。

例えば気になる人がパソコンが詳しい場合、あなたが「パソコン詳しいって聞いたんだけどちょっと教えてほしい」と頼み事をすれば断る人はほとんどいないでしょう。

頼み事は「相手に負担をかける」と思いがちですが、実は相手からしてみると「誰かに必要とされている」ことに喜びを感じる人がほとんどです。

いわゆる自己承認欲求を満たしているということなのでしょう。

 

「3」に関しては少し仲良くなってきた間柄にはおすすめの方法です。

自分の悩みを打ち明けることで相手との間にある壁を壊すことが出来ます。

 

あまり仲良くない相手、初めて会う相手に自分がどういう人間かについて自己開示をするとすぐに打ち解けることが出来るというのは有名な話です。

 

悩みはその人の核に近い部分なので、より相手と親密な関係を築きたいのであれば思い切って相談してしまうのも一つの手です。

こういった自己開示をされると人は「相手が打ち明けているから自分の何か打ち明けなければ悪いな」と罪悪感を感じて同様に自己開示をしてくれます。

こうなると簡単に仲良くなることが出来ます。

 

漫画やアニメなどで「これで貸しはなしだぜ」なんてセリフが出てきますが、これも同じような原理で「相手に与えられたものは返さなければ」という心理が働いているのかもしれませんね。違うかな(笑)

 

いかがでしたでしょうか?

相手と話すきっかけを作るのは今回挙げた例の他にもいく通りも考えられます。

どうしたら相手と会話ができるのかをまずは考えてみましょう。

会話をするのが当たり前のレベルまでになれば、デート→交際の流れも近いでしょう。

ぜひ参考にしてみください。

その他の恋愛テクニック

ボディタッチをしても嫌がらない女性の心理

異性を落とす狙い目時期

中学生や高校生でも出来る恋愛テクニック

スポンサードリンク

恋愛テクニックTOPへ

コメントを残す