男からナンパされやすい女性の特徴!声をかけられる=美人ではない


男からナンパされやすい女性の特徴!声をかけられる=美人ではない

友達と待ち合わせていたり、ただ歩いているだけなのに異様にナンパされる女性もいれば、全く声をかけられない女性もいます。

「ナンパがうざくて仕方ない」と思う人もいれば、逆に「ナンパされてみたい」と思う方もいるでしょう。

美人=ナンパされやすいのは確実ですが、美人だからと言ってナンパされるとは限りません。

今回は出来るだけ男性からのナンパを避けたい人や逆にナンパされてみたいという方のためにその特徴についてご紹介していくので参考にしてみてください。

スポンサードリンク

ナンパされやすい人の特徴

歩くのが遅い

男からナンパされやすい女性の特徴!声をかけられる=美人ではない

ナンパ師は歩くのが早い=用事がある人、歩くのが遅い=時間がある人というのを経験則でわかっています。

確かに、次に用事のある人や時間に追われている人というのは自然と駆け足になってしまいますよね。

ちなみにナンパ塾ではナンパの基本として教えているところも多いのです。

ナンパされたくないのであれば、出来るだけ歩く速度を速めましょう。

暇そうにしている

男からナンパされやすい女性の特徴!声をかけられる=美人ではない

上記と似ていますが、これはいわゆる待ち合わせや座っている人のこと。

待ち合わせ時間は結局のところ暇な時間です。

彼氏と待ち合わせている人は声をかけられにくいというイメージがありますが、ナンパをする人は短時間で連絡先を聞ければそれで良いと考えています。

露出度の高い格好をしている

男からナンパされやすい女性の特徴!声をかけられる=美人ではない

当たり前ですが、ミニスカートやキャミソールなど露出度の高い格好で歩いている人は高確率で声をかけられてしまいます。

露出度が高い=低層観念が低いという認識があるためです。

逆に言えば、露出度の低い格好をするとナンパされる確率は激減します。

そういえば私の女友達に今まで一度もナンパされたことがないという残念な人がいましたが、ある日、ニーハイを履いてみたところ駅ですぐに声をかけられたそうです。

ニーハイってセクシーさがあるので男性にとっては魅力的に感じてしまうのでしょう。

メイクが濃い

男からナンパされやすい女性の特徴!声をかけられる=美人ではない

化粧はいわば人に見られるためにするものです。

メイクが濃い人というのは誰かに見られたい、認められたいという欲求が高い傾向にあります。

そのため声がかけられやすいのです。

このことから言えるのは、セクシーな格好をしている人やどこか隙のある人はナンパされる確率が高くなるということです。

ナンパされにくい人とは

 

上記で挙げた項目に当てはまらない方はナンパされにくいと言えます。

そに加えて

  • イヤホンをしている
  • 外見が太っている
  • 背が高すぎる
  • 背筋が伸びてお嬢様っぽい格好の人

これに該当する人はさらにナンパされにくくなります。

男からナンパされやすい女性の特徴!声をかけられる=美人ではない

イヤホンをしている人は外界の音が全く聞こえない状態なので、例え声をかけたところで意味をなしません。

たまにイヤホンをしている人に声をかけようとしているナンパ師を見かけますが、無視されてすぐに諦めています。

 

それとプライドの高い女性は声をかけられにくいのも事実です。

具体的には背筋が伸びていて、いかにもお嬢様な感じの服装をしている人は意外と声をかけられません。

これは「声をかけたところで無視される」というのが経験的にわかっているからでしょうね。

外見的に明らかに太っている人や身長が男性よりも高い女性は必然的に話しかけられにくいです。

 

ちなみに冒頭でも述べましたが、顏はさほど関係ありません。

雰囲気的に声をかけても対応してくれそうな気の弱そうな子や、声をかけたらついてきそうなバカっぽい女性にナンパ師はしつこく声をかけてきます。

逆に言えば気が強そうで頭が良さそうな雰囲気だと美人でも全くナンパされないということです。

スポンサードリンク

声をかけられやすい色とは

ここからは心理的な話になりますが、実は声をかけられやすい色というのが存在します。

その色とは「黄色・赤・オレンジ」の3色です。

色彩心理学によると

黄色=楽しい人・面白い人

=元気な人・情熱的な人

オレンジ=二つの色を併せ持つ人

というイメージがあります。

 

 ・道を尋ねたり、誰かに助けてほしいと思う人は黄色い服を着ている人に声をかける傾向があります。

・赤い服を着ている女性は男性にとってセクシーに見えるのでナンパ師に声をかけられやすくなります。

・オレンジ色の服を着ている人はこの両方を併せ持つので、両方から声をかけられやすくなるそうです。

逆に落ち着きのある青い服や真っ黒な服装をしている人は上記の色に比べて声をかけられにくい傾向があります。

ただ、これも露出度が高いと普通にナンパされるので注意が必要です。

まとめ

以上のことをまとめると

  • 露出度が高く、暇そうにしていて黄色や赤い服をきている人はナンパされやすく、イヤホンをしていたりプライドが高そうな人はナンパされにくい
  • 美人でも気が強そうで頭が良さそうな雰囲気がある女性はナンパされにくい

ということです。

ナンパされるのが嫌な人は「イヤホン+早歩き」をしておけば、とりあえず声をかけられにくくなるのでおすすめです。

ナンパをうざいと感じている方や一度ナンパされてみたいという方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

恋愛テクニックTOPへ

コメントを残す