冷めた時の別れ方解説!付き合っている彼氏を悪者にして別れる方法


付き合っている彼氏には冷めてしまったものの、自分から別れを切り出そうとすると最終的に自分が悪者になる可能性もあります。

特に共通の知り合いがいたりすると別れた後、どんな悪い噂が広まるかわかりませんので、なるべく相手を悪者にして別れたいもの。

ということで今回は実際に別れた原因を相手にして別れる具体的方法についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

彼氏を悪者にして別れる方法

1.ハニートラップ

簡単に言うと相手に浮気をさせることで別れる方法。

別れの原因としてもよく挙げられますし、浮気をした方が100%悪いので自分は全く悪者にならずに別れた後も周りに同情してもらうことができます。

ただ、相手に浮気をさせるためには友人に協力してもらってハニートラップを仕掛けなければならないので難易度は高いです。

女性と違って男性は浮気できるチャンスがあればする人は多いです。

もし、協力してもらえる友人がいないようであれば浮気をさせる「隙」を作りましょう。

合う頻度が多いようであれば少し減らして彼氏が暇な日を定期的に作ったり、友達が増えるようなイベントに一緒に参加して異性の友達を作らせるというのも浮気のきっかけになります。

例え浮気をしなかったとしても彼女に内緒で女性と連絡を取り合っていたりする可能性もあるので彼氏に内緒でスマホをチェックしてみると良いでしょう。

2.束縛が激しいことを理由にする

別れる原因を「彼氏の束縛が激しい」ことにするというのも相手を悪者にすることができます。

例えば飲み会を増やしてみたり、異性と二人とはいかないまでも彼氏が嫉妬するような行動を増やしていきます。

普通の男性なら必ず「ちょっと控えて欲しい」となりますから、これをきっかけに喧嘩→別れる流れに持っていけば彼氏の束縛が原因で別れたことにできます。

3.すれ違いを増やす

これは相手を悪者にすることはできませんが、自分も悪者にならなずに「仕方ない」別れのきっかけを作ることができます。

具体的には休みの日をあえて合わせないようにしたり、例えば連絡の返信をずらすことでも「すれ違い」を錯覚させることができます。

合う頻度を減らしていくと当然お互いすれ違っていることを認識できるので、ある程度その期間を過ごして別れを切り出せば理由付けは完璧です。

別れる時は喧嘩にならないように注意してください。

4.尽くし過ぎて疲れたことを原因にする

別れようと思ったら離れるというのが普通の考え方ですが、あえて近づくことで別れる原因を作ることができます。

別れる数ヶ月前から意識的に彼氏に尽くすように努力してください。

連絡はこまめに返す、デートにお弁当を作ってくる、普通男性がやるようなことも全て彼女が先回りしてやっておくと良いでしょう。

こうするとどうなるかというと、最初は自分に尽くしてくれる彼女に嬉しく感じますが、その状態がずっと続くと「重い」と感じるようになります。

また、人間の根本的欲望である「承認欲求(誰かに認められたいという欲)」を満たさないように行動することで不満を感じるようになります。

男性は女性から頼られたいと思っているので、その欲を満たさず全て自分ひとりでなんでもやってしまうし、彼氏がやるべきことも先にやってしまう。

こうすることで嫌気がさすので最終的に別れることができます。

もし、それでも別れようとしてこないのであればこちらから「疲れてしまったので別れて欲しい」と言いましょう。

彼氏を悪者にして別れることができます。

スポンサードリンク

彼氏に対する不満は取っておくべき?

付き合っていく上で誰しも相手に対して多少なりとも不満は持っているはずです。

例えばデートの約束をしても待ち合わせの時間にいつも遅刻するとか、そもそもデートを計画してくれないとか、やたらと女友達と遊びにいくというのも不満の一つです。

普通はこういった不満はある程度我慢できなくなると相手に伝えてちょっとした喧嘩になり、改善して付き合っていくものですが別れたいならこの不満を原因にしてしまうと良いでしょう。

ずっと我慢しているふりをして、相手を泳がせある日突然その不満を理由に冷めてしまったことにして別れるのです。

不満があっても恋愛感情が相手にあるならやり直せますが、その不満がきっかけで冷めてしまったと言われればもはや修復不可能。

これなら彼氏を悪者にして別れることができます。

本当は相手を悪者にして別れを考えるのはあまり良くないことですが、もしもの時は参考にしてみてください。

スポンサードリンク

恋愛テクニックTOPへ

コメントを残す