彼氏から飲み会中や後に連絡がこないのはなぜ?罪悪感を与える対処法まとめ


ただでさえ飲み会に参加するのも不安なのに、飲み会中に全く連絡してくれなかったり、飲み会が終わった後にも連絡がこないと不安で不安で仕方なくなってしまいますよね。

実際私も最近恋人にされて「浮気してるんじゃないか」とか、かなり不安になってしまいました。

今回は彼氏や彼女が飲み会にいってからずっと連絡がこない理由についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

飲み会中に返信してくれない理由

1.楽しくて返信することを忘れている

一番可能性が高いのがこれ。久しぶりに会った友人やお酒の場でしか話せないことなど、飲み会は普段よりも盛り上がりますし、楽しいことが多いです。

楽しさのあまり返信を忘れてたり、たとえ定期的に連絡するというルールでもうっかりし忘れてしまうことはあります。

私は普段恋人と頻繁に連絡を取り合いますが、人と会っている時だけは連絡が遅くなってしまったりすることが多いです。

2.返信が面倒くさくなる

彼女のことが例え大好きだとしても、文字だけの会話よりもリアルでの会話を優先する人は多いと思います。

さきほどとはちょっと違い「忘れてないけど、面倒だし後ででいっか」となっているだけです。

女性は人と会話しているときでも頻繁にスマホを触る傾向がありますが、男性はよほど暇じゃない限りスマホを手にしない傾向があります。

飲み会が終わった後なのに連絡が取れない理由とは?

1.飲み過ぎてしまって潰れてしまっている

これが一番可能性が高いです。お酒が入るとついつい楽しくなってしまって、気づいたら許容量を超えてしまうと潰れます。

潰れる寸前や、すでに記憶がなくなっていると連絡をすることは当然できませんからね。

ちなみに飲むペースを抑えていても久しぶりにお酒を飲むと、以前と同じ量が飲めなくなっているので気づかずに潰れてしまうというパターンもあります。

私の恋人は実際これで潰れてしまって朝まで連絡が取れませんでした。

2.2次会に行っている

2次会に行ったとしてもその合間に返信するのが普通ですが、少し酔っぱらっているとそれすらも面倒になっていたり、忘れてしたりしていて連絡をしてくれません。

待っている側は不安で不安で仕方ありませんが、飲んでいる側はそんな相手のことを考える思考がなくなっている(お酒を飲んでいるので)ので仕方ないと言えば仕方ないこともかもしれません。

3.充電が切れている

これもありがちな理由の1つです。飲み会は基本的に夜行われるため、ちょうど充電が切れてしまう時間帯です。

切れたところで充電器を持っていなかったら充電できませんし、連絡したくても取れない状況に陥ってしまいます。

ただ、もし充電が切れているなら心配させてしまっている可能性を考慮して、どこかで充電器を購入するなり、家に帰るなりして連絡を取るべきですよね。

充電が切れているかどうかは電話すれば一発でわかります。

4.浮気をしている

最も考えたくないことですが、実際問題ありえる話です。

飲み会で酔っぱらってしまって、そのままホテルに行ったりしていたら帰ることはもちろん、連絡しないでしょうからね。

お酒が入ると普段できなようなことも理性を失いやすいので大胆な行動にでやすいです。

最初から飲み会自体が嘘で、異性と遊んでいるって可能性も考えられるでしょう。ただ、この場合は怪しまれないようにするためにちょくちょ連絡を返す人が多いです。

スポンサードリンク

浮気しているかどうか見抜くには

はっきりいって連絡が取れない状況で見抜くのは不可能です。千里眼でもないと無理です。

まずは相手が何時に帰ってくるのか注目してください。

もし仮にホテルに行っていた場合、朝ではなく昼前頃にチェックアウトを行うので朝帰りは意外と浮気していないという目安になります。

連絡が取れた時間が朝だった場合も同様です。

相手が帰ってきたら、まずは連絡が取れなかった理由を聞いてみましょう。

続いて浮気する状況にあったのか聞き出します。

【例】

  • 飲み会は何人いて、そのうち異性は何人いたのか
  • 何つながりの飲み会なのか
  • 記憶をとばしたのかどうか
  • 飲み会が終わった後、どこにいたのか

浮気をした人というのは基本的に隠そうとします。嘘をついたり「覚えてない」ととぼけてみたり。

この質問をした時に、歯切れが悪かったり、考え込むような素振りを見せたら少し疑わしいです。ただ、逆にすらすらと何も考えずに答えるのも「言い訳を考えたから」と言えるのでこの見極めが少し難しいです。

最後は相手の態度を観察してみてください。

連絡を取らなかったことに対して反省をしているのか、包み隠さず話そうとしているか。

私の恋人は会社の人との飲み会で潰れてしまい、朝帰りしましたが連絡してきたことが朝だったこと、包み隠さず話している素振りを見せていて、かなり反省していたので浮気の可能性は低いと判断しました。

もともと浮気しやすいタイプかというのも重要です。お酒を飲んだときにどんな感じになる人なのかがわかっていれば浮気しやすいかどうか判断できます。

それでも不安な場合はその場で携帯を見せてもらうというのも手ですね。

浮気していたなら必ず相手から返信があるのでそれで判断できます。

2度としないように罪悪感を与える方法

1番やってはいけないのが、連絡を取らなかったことに対して怒ることです。

確かに怒りたくなる気持ちはわかりますが、これをやってしまうと相手に反発心が芽生え、罪悪感が薄くなってしまいます。

連絡を取らなかったのが悪いのに怒られたことに対して憤りを感じてしまい、また同じ過ちを繰り返したり、開き直られてしまうのがオチです。

相手を完全に追い込むためには罪悪感を与えるようにしてください。

【罪悪感の与え方】

  • 相手の前で泣いて心配していたことを大げさに伝える
  • 明らかに落ち込んでみせる
  • 「ちょっと考えさせてほしい」といってしばらく連絡を絶つ

罪悪感を与えるには、こちらが傷ついていることがわかるように伝える。そしてことの重大さがわかるように連絡を取らない期間を設けることです。

距離を置くことによって相手はあなたのことを考える時間を与えらます。「もしかして別れるとか言ってくるんだろうか?」と不安で不安でたまらないはずです。

相手の罪悪感に訴えかけ、なおかつ逆に不安にさせることで今後2度と同じようなことはしなくなります。

カレの中でも「次やったらフラれる」と思ってるので、あなたを軽視した行動には出なくなります。

実際に私もやってみて「今後もうお酒は飲みません」と言わせるぐらいの効果があった方法なので、ぜひ試してみてください。

その他の恋愛テクニック

スポンサードリンク

恋愛テクニックTOPへ

コメントを残す