忙しいは嘘?彼氏が一ヶ月以上会ってくれない本当の理由とは


彼氏が一ヶ月以上会ってくれない本当の理由とは

いくら恋人とはいえ、会えないのでは付き合っていないのも同じことです。

カップルの中には彼氏が一ヶ月以上会ってくれなかったりすることもあるそうですが、仕事が忙しいなんて理由にはなりません。

そこで今回は彼氏がずっと会ってくれない本当の理由についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

「忙しい」は本当の理由ではない?

会えない理由としてよく取り上げられるのは「仕事が忙しいから」とか「バイトが忙しいから」とか、何かにつけて忙しいを理由にしている場合です。

しかし、これは本当の理由でない可能性が高いです。

例えブラック企業のサラリーマンだったとしても最低でも1ヶ月に数日間は休みがありますし、普通の人なら仕事終わりは空いているはずです。

これが学生となると暇な時間はさらに多くなります。

例えば学校の後アルバイトを頑張っている人でも週に7回シフトを入れている人なんてほとんどいないでしょう。

 

また、もともと忙しい人だったとしてもあなたと付き合うために時間を空けてデートをしてくれたはずです。

それが付き合ったとたんに忙しすぎて会えなくなるというのは少し不可解ですよね。

つまり「忙しいから」と言っている人ほど本当に忙しい可能性は低いと言えます。

好かれているか不安な時のチェック方法

本当の理由は必ず他にあります。

会えない本当の理由とは

1か月以上会わないということは、通常のカップルではかなり珍しいことです。

別れてもいいと思っているか、それぐらい会わなくてもあなたから別れを切り出されない自信があるからこその行動といえます。

気持ちが冷めている

「忙しいから」と彼氏が一ヶ月以上会ってくれない理由は気持ちが冷めているからなのか

おそらくこの可能性が最も高いと思われます。

付き合うまで、あるいは付き合った当初は気持ちが盛り上がっているため恋人と会うのも楽しいですが、長く付き合っていくうちに冷めていく人は多いです。

 男性にもよりますが、これは「付き合うことに目的を置いている」ため、目的を達成してしまうと急に冷めてしまうのです。

好きでもない人とデートしなければならないのは苦痛でしかないでしょうし、わざわざ会う時間も勿体ない。

こうなると「なぜ別れないのか」という疑問が浮かびますが、彼女持ちというステータスだったり、ふと寂しくなった時に都合が良い女性として見ているからなのかもしれません。

別れを思いとどませる可能性を高める方法

浮気をしている

「忙しいから」と彼氏が一ヶ月以上会ってくれない理由は気持ちが冷めているからなのか

完全に気持ちが冷めてなくとも、恋人よりも好きな人が出来てしまった場合、優先するのは彼女<<好きな人になってしまいます。

また、その好きな人と未だに恋仲になっていない場合は付き合える確証がないので彼女と別れずに会わないという選択肢を取っている可能性があります。

こうなると、その異性と付き合えることになった時に確実に振られることになります。

浮気を簡単に見破る方法

浮気をしている人というのは共通点があるので案外わかりやすいものです。

優先順位が下がったから

「忙しいから」と彼氏が一ヶ月以上会ってくれない理由は気持ちが冷めているからなのか

人は無意識のうちに自分の中で優先順位をつけています。

今までは彼女>仕事>友達>趣味】だったのが、付き合っていくうちに【仕事>友達>趣味>彼女になることは十分考えられます。

 新しいことに挑戦していたり、趣味をもったりするとこのように自分の中で大切なものの優先順位が変わります。

一見彼女に冷めているようにも思えますが、彼女のことがまだ好きでもこのようなことは起こります。

長く付き合ったことでマンネリ化することでも同様なことが起こりえます。

 

いずれにしても会ってくれないのは交際当初よりもあなたへの気持ちが冷めていると言えます。

もし本当に好きだったら、たとえ忙しい人でも少しぐらい時間を作ることは可能なはずです。

それが出来ないということはこのままいくと別れることになる可能性が高いでしょう。

好きな人を早く忘れる方法

スポンサードリンク

冷めているか判断する方法

「忙しいから」と彼氏が一ヶ月以上会ってくれない理由は気持ちが冷めているからなのか

冷めている可能性が高いという話をしましたが、会えないというだけで断定はできません。相手が自分に冷めているかは「連絡の有無」を判断材料にすると良いでしょう。

なかなか会ってくれない人でも頻繁にメールや電話をしてくれる場合は、まだあなたのことを思っています。

彼女を大切に思っている人ほど、会えなくても連絡はしてくれます。

もしかしたら忙しいというのは本当なのかもしれません。

逆に、連絡もあまりしてくれない、やり取りはいつもこちらから連絡するという場合、彼氏はもうあなたのことが好きではないと言えます。

 普通の彼氏なら会えないということに対して罪悪感を感じるはずです。

恋人のことが好きであればその罪滅ぼしとして連絡を頻繁にしてくれたり、「○○日は空けられるから」と代案を出してくれるものです。

こういった行動をしてくれない彼氏は残念ながら別れる可能性が高いので、きっぱりと振ることも大切です。

「別れたい」と告げることによってあなたの大切さを再認識させることができるかもしれません。

1か月以上会ってくれない場合の対処方法

まだ定期的に会っている状態なら色々と修復方法もありますが、そもそもほぼ会わないような状態になっていると自分がやれることは限られてしまいます。

相手の心理状態としては「別れてもいいと思っている」もしくは「別れを切り出されるとは考えていない」かのどちらか。

会えないから「もっと会いたい」と言ったところで相手の気持ちが復活することはありませんし、しつこいと思われれば冷めるスピードは加速します。

この場合はなるべく相手に不安を与えることを目的とした方が冷めた気持ちは復活させやすいです。

【例】

  1. 毎日連絡を取っていたが急に連絡を取るのをやめる
  2. 「飲みに行ってくるね」といって不安を煽る
  3. 隠し事をしているかのような怪しい素振りを見せる
  4. こっちも冷めている感じを出す(場合によっては逆効果かも)

恋愛というのはどちらかが追いかけるとどちらかは逃げる、あるいは引いてしまう性質があるので、これを逆手にとります。

自分が「会いたい」と言っている立場を変えることで案外簡単に気持ちが復活することもあります。

不安、嫉妬というのは心を刺激するには最適な材料なので自分から離れる素振りを見せると効果的に働くことがあります。

会わないことで気持ちが離れていってしまう可能性は高いので自分から動いて相手の気持ちを復活させないとかなり厳しいです。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の恋愛テクニック

スポンサードリンク

恋愛テクニックTOPへ

コメントを残す